Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/105-a97f5102

Gordon Banks ゴードン・バンクス

banks.jpg

フルネーム ゴードン・バンクス
Gordon Banks
国籍 イングランド
生年月日 1937/12/30
出身地 シェフィールド
ポジション GK
身長 183cm
体重 84kg
代表デビュー 1963/4/6(通算73試合,0得点)
所属クラブ
1953-54 ミルスポー・スティールワークスFC
1954-55 ロマーシュ・ウェルフェア
1955-59 チェスターフィールド
1959-67 レスター・シティ
1967-72 ストーク・シティ
1975-77 フォートローダーデール・ストライカーズ(アメリカ合衆国)
主なタイトル
1966年 ワールドカップ優勝

イングランド史上最高の守護神と名高く、その驚異的なセービングと判断力に常に安定した力を発揮する事でイングランドの一時代を築いた。
絶対的な信頼をおける存在である事から、その名になぞられ
Banks Of England(イングランド銀行)の異名を持つ。

ミルスポーやロマーシュといったアマチュアクラブを経た後、
当時ディビジョン3にあったチェスタ-フィールドとプロ契約を結ぶ。
バンクスが加入した翌年、チームはFAユースカップの決勝に進出するが、ボビー・チャ-ルトン率いるマンチェスター・Uの前に惜しくも敗れてしまった。
しかし、その後移籍したレスタ-・シティでは1963年のFLカップ優勝を果たしFAカップでは2度に渡って決勝の舞台に立った。
この時の活躍から1963年4月6日スコットランド戦にて代表デビューも果たした。
代表デビュー後は正GKとして君臨、1966年ワールド杯では予選リーグから準々決勝アルゼンチン戦までを無失点に抑え勝利に貢献、準決勝ポルトガル戦82分にエウゼビオの1失点を許すまでの443分の無失点記録を打ち立て母国開催のワールド杯優勝に大きく貢献して見せた。
1970年大会ではベスト8に終わったものの1次リーグで対戦したブラジル戦では見事なまでのスーパーセーブを連発、中でも前半18分にペレが放った完璧なヘディングシュートを驚異的な反応で弾き出し、このプレーは今尚語られるワールド杯のハイライトとなっている。

代表通算73キャップ、1972年10月22日の悲劇(自動車事故)から右目を失明し引退を余儀無くされてなければ、代表通算キャップは容易に100を超えていた事であろう。

その後アメリカにて再起をはかるが、怪我前の素晴らしさは影を潜めてしまった。
それでも1977年にはNASL最優秀GKに選出され有終の美を飾り、そのキャリアに終止符をうった。

彼のハイライトは恐らく1970年ワールドカップのブラジル戦だろう。前回大会優勝国のイングランドと、成熟したペレ率いるブラジルがグループリーグでぶつかることになる。ブラジルが優勢に試合を進め、18分に大きなチャンスを得る。カルロス・アウベルトのダイナミックな縦パスが右サイドへ渡りそジャイルジーニョがセンタリング。それをペレが完璧なヘディングシュートを放つ。バンクスはトスタンに釣られてシュートとは逆のニアサイドにいた。少なくともペレがシュートを放った瞬間はニアサイドにいたはずだった。しかしバンクスはこのシュートを止めることに成功する。ペレは信じられない様子だった。神様ペレに「私が見た中で最高のセーブ」と言わしめたスーパープレーだった。
まさにイングランド史上最高のGKであった。
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/105-a97f5102

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。