Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/109-a29ecbdf

Gary Lineker ギャリー・リネカー

lineker.jpg

フルネーム ギャリー・ウィンストン・リネカー
Gary Winston Lineker
ニックネーム リンクス(山猫)
国籍 イングランド
生年月日 1960/11/30
出身地 レスター
ポジション FW(CF)
身長 177cm
体重 74kg
代表デビュー 1984/5/26(通算80試合,48得点)
所属クラブ
1974-85 レスター・シティ
1985-86 エバートン
1986-89 バルセロナ(スペイン)
1989-92 トッテナム・ホットスパー
1992-94 名古屋グランパスエイト(日本)

得点感覚、瞬発力、ポジショニング、その全てにおいて優れた80年代を代表する元イングランド代表ストライカー。
足と頭、両方から繰り出される確実かつ、冷静なシュートでクラブと代表両チームにおいて得点を量産、クラブチームでは3度のリーグ得点王に輝くと、代表では1986年ワールドカップメキシコ大会にて大会得点王となり、代表通算48得点をマーク。
ボビー・チャールトンの49得点に続きイングランド代表歴代2位の記録を持つ。
またそのプロキャリア全てにおいて1枚もイエローカードを貰ったことが無く、英国紳士を体現したフェアなプレーヤーとしても知られている。ミスター・イングランドの異名をとる。

1960年11月30日レスターで生まれたリネカーは地元のクラブ、
レスター・シティに所属すると、18歳にてトップデビューを果たす。
最初こそ、なかなか出場機会に恵まれなかったが81/82シーズンに
17得点を記録したのを皮切りに26得点、22得点と毎シーズン得点を量産。
84/85シーズンには24得点を記録しリーグ得点王を獲得した。
そして翌シーズンより、エバートンへ移籍を果たすがここではなんと30得点を記録。
2年連続となる得点王に輝くとプレミアリーグ年間最優秀選手賞を受賞。
しかしリネカーの素晴らしい得点力を得たにも関わらず、エバートンは
リーグ、FAカップ共にライバルであるリバプールに続いて2位で終わっている。

そして迎えた1986年ワールドカップメキシコ大会。
イングランド代表はグループリーグで苦戦を強いられていた。
初戦のポルトガル戦を1ー0で落とすと続くモロッコ戦はスコアレスドロー。
そしてグループリーグ最終戦の相手はそのポルトガルを1ー0で破っていたポーランドであった。苦戦が予想された試合だったがふたを開けてみればリネカーのハットトリックにより3ー0で圧勝。
得失点差でポーランドをかわしたイングランドが決勝トーナメント進出を果たした。
この試合で勢いをつけたリネカーは続くパラグアイ戦でも先制点を含む2ゴールを記録。
3ー0でパラグアイを退けると準々決勝にこまを進める。
準々決勝の相手はマラドーナ率いるアルゼンチン。
試合はマラドーナの「神の手ゴール」と「60メートル5人抜きゴール」の前に負けをきっするが、リネカーはこの試合でも一矢報いる1得点を記録。
通算6ゴールで大会得点王の栄誉を勝ち取った。
1990年ワールドカップイタリア大会ではイングランドは4位で大会を終え、リネカーはこの大会でも4得点を記録し大会通算10得点の記録を残している。
代表デビュー1984年5月26日スコットランド戦代表通算80試合48得点

メキシコ大会で得点王に輝いたリネカーは86/87シーズンよりスペインのバルセロナへ。
3シーズン在籍し国王杯とカップウィナーズカップ獲得に貢献するが
監督のクライフと折り合いが会わず89/90シーズンよりトッテナムへ移籍。
ここでガスコインと絶妙のコンビを見せ、移籍初年度に24得点で自身3度目となるリーグ得点王となると翌シーズンにはFAカップを獲得。
91/92シーズンには2度目となるプレミアリーグ年間最優秀選手賞を受賞した。

1992年に代表を引退すると晩年は日本に渡り名古屋グランパスにてプレー。
活躍が期待されたが度重なる怪我によりその期待を果たせず、1994年シーズンを最後に現役を引退した。
現役引退後はテレビのスポーツ番組でプレゼンターを務めながら4人の子どもの父親として母国にて暮らしている。

余談だが代表通算48得点で迎えた1992年5月17日ブラジルとの
親善試合において自ら得たPKを外してしまい、ボビー・チャールトンの記録に並ぶ事が出来ず、その後数試合でも得点を記録出来ないまま代表を引退している。

1974年にレスター・シティでキャリアをスタートし、1994年に名古屋グランパスでキャリアを終えるまで、レッドカードはおろか、イエローカードを受けることさえ1度も無かった。サッカー史に残るクリーンなプレーヤーとして、今なお多くの尊敬を集めている。
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/109-a29ecbdf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。