Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/112-bd69b305

Steve MCMANAMAN スティーブ・マクマナマン

mcmanaman.jpg

フルネーム スティーブン・マクマナマン
国籍 イングランド
生年月日 1972年2月11日
出身地 リバプール
ポジション MF
身長・体重 181cm・67kg
個人タイトル なし
ワールドカップ 1998年ベスト16
所属クラブ
1990-99 リバプール
1999-03 レアル・マドリード(スペイン)
2003-05 マンチェスター・シティ

抜群のテクニックを持ち、足下に吸い付いたようなドリブルによって
サイド付近から突破口を開いた元イングランド代表ウィンガー。

1990年12月15日シェフィールド・U戦にてプレミアデビューを果たし翌シーズンよりレギュラーとして活躍する。1992年のFAカップ優勝に貢献し94/95シーズンのリーグ優勝にも大きく貢献すると1994年11月16日のナイジェリア戦にて代表デビューも果たす。
1996年欧州選手権、大きな期待の中、初の国際大舞台でのピッチを経験し今後のイングランドを担うであろうと思われたが、多少安定性に欠けていたため1998年ワールド杯ではベンチから飛び出す事はなかった。
98/99シーズン終了後、ユベントスやミランなどのビッグクラブが獲得に乗り出す中、欧州屈指の強豪レアル・マドリードへ加入し2度のチャンピオンズ・リーグ優勝、2度のリーグ優勝に貢献、99/00チャンピオンズ・リーグ決勝のバレンシア戦での試合を決定付ける2点目をたたき出したシーンはファンの記憶に深く残った。

フィーゴやジダンなどのビッグスターの加入により多くの出場機会に恵まれず毎シーズン終了後に移籍の噂が絶えなかったが、レアル・マドリードで頑なにプレー、契約をまっとうし、2003年より母国プレミアリーグへ復帰、多くの出場機会を得る事でイングランド代表復帰も期待されたが怪我に悩まされた時間の方が多く04/05シーズン終了後に現役を引退した。

残念だったのは2002年ワールド杯メンバーに選出されなかった事・・
そのプレーが日本で見れなかったのは非常に寂しい所であった。
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/112-bd69b305

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。