Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/14-cc889f19

Dejan Savicevic デヤン・サビチェビッチ

savicevic00.jpg

フルネーム デヤン・サビチェビッチ
Dejan Savicevic
ニックネーム デーヨ,ジュニオ(天才)
国籍 ユーゴスラビア
生年月日 1966/9/15
出身地 ポトゴリツァ
ポジション MF(OH),FW(ST)
身長 181cm
体重 77kg
代表デビュー 1986/10/29(通算56試合,20得点)
所属クラブ
1981-83 OFKチトーグラード
1983-88 FKブドチノスト
1988-92 レッドスター・ベオグラード
1992-98 ミラン(イタリア)
1998-99 レッドスター
1999-01 ラピッド・ウィーン(オーストリア)
主なタイトル
1990/91 UEFAチャンピオンズカップ優勝
1991年 インターコンチネンタルカップ優勝
1993/94 UEFAチャンピオンズカップ優勝

90年代、世界最高峰といわれたいた当時のセリエAで『ジュニオ』、すなわち天才。
こんな最高級のニックネームを頂戴したのが、サビチェビッチである 
調子に波はあるものの、ベストフォームのときには、懐の深い変化に富んだドリブル、相手の意表を突くパス、強烈なシュートなど、素晴らしいプレーを見せる。
ファンタジスタであると同時に、政治的背景によって全盛期にワールド杯の舞台に上がる事のなかった悲運の主人公でもある。
シュート力、パスセンスはもちろん、そのドリブル突破力は素晴らしく
いくつもの伝説を築き上げた。
レッドスター在籍時リーグ3連覇に貢献、さらにユーゴスラビアの
クラブとしては初のチャンピオンズ・リーグをも制する。
ミランに移籍した92/93シーズンからも絶大な存在感を示し92/93、93/94、95/96シーズンのスクデット獲得はサビチェビッチなくしては成し得なかったであろうと思われる。
ファンバステンら”オランダ・トリオ”を失った後、劣勢が予想された
バルセロナとの93/94チャンピオンズ・カップ決勝では、縦横無尽の働きで相手ディフェンスを翻弄、全ゴールに絡む4-0の完勝の立役者となった。バルセロナの中盤は彼のドリブルによって混乱に陥り、堅い筈の守備は彼のパスとシュートによって脆くも崩れ去った。ジュニオの本領が遺憾なく発揮された試合だった。
ユーゴスラビア代表では1992年欧州選手権、ユーゴスラビアは優勝候補筆頭に上げられるほどのタレント軍団で挑むはずであったが政治的制裁により出場権を剥奪、以後1998年ワールド杯予選大会の制裁解除まで世界の舞台に立つ事はなかった。
90年イタリア、98年フランス大会に出場するも、キャリアの全盛を極めていた時に、祖国はユーゴ紛争の制裁措置により、「国際試合禁止」となり、晴れの国際舞台で活躍することはできなかった。
もし、サビチェビッチが選手としてのピークである1994年ワールド杯に出場していたならば、あのマラドーナやファン・バステン等と同等の伝説を生んでくれたはずであったと思うと本当に残念でならない。






 

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/14-cc889f19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。