Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/25-fe4d60b3

Andriy Shevchenko アンドリー・シェフチェンコ

20060209-00000677-reu-spo-view-000.jpg

フルネーム アンドリー・シェフチェンコ
Andriy Shevchenko
ニックネーム シェバ,ウクライナの矢
国籍 ウクライナ
生年月日 1976/9/29
出身地 クレシュチュチュク
ポジション FW(CF)
身長 183cm
体重 72kg
代表デビュー 1995/3/25vsCRO
シーズン 所属クラブ 試合数 得点数
1994/95 ディナモ・キエフ 16 1
1995/96 ディナモ・キエフ 31 16
1996/97 ディナモ・キエフ 20 6
1997/98 ディナモ・キエフ 23 19
1998/99 ディナモ・キエフ 28 18
1999/00 ミラン 32 24
2000/01 ミラン 34 24
2001/02 ミラン 29 14
2002/03 ミラン 24 5
2003/04 ミラン 30 24
2004/05 ミラン 29 17
2005/06 ミラン * *
主なタイトル
2002/03 UEFAチャンピオンズリーグ優勝
2004 欧州年間最優秀選手(フランスフットボール誌)

スピード、キープ力、シュート力、得点感覚、突破力、・・・、ストライカーとしての能力をすべて兼ね備え、彼のスピードに乗ってしまった
突破を止めるにはファウルを犯すか、ゴールを覚悟するしかないであろうと思われる。ウクライナ独立後、最高のプレーヤー。ウクライナの矢と言われたオレグ・ブロヒンに勝るとも劣らない選手である。スピード、フィジカル、スキル、得点感覚を併せ持ち、1人でも得点可能。FWとしての総合能力では現在世界最強の1人と称されるウクライナの至宝。

15才の時、ディナモ・キエフのジュニア組織に加入し1994年トップデビュー。
翌95/96シーズンに31試合16得点を記録し脚光を浴び、
その後もチームの中心として活躍、リーグ5連覇、3度のカップ戦優勝に貢献する。
さらに98/99チャンピオンズ・リーグにて通算8得点を挙げ大会得点王を獲得する活躍を見せてチームをベスト4に導き、その名前を欧州全土に知らしめ、当然ビッグクラブ同士の激しい争奪戦が始まり、この素晴らしい才能を享受したのがミランだった。そしてこの獲得は大成功だった事をミランはすぐに悟ることになる。

むかえたセリエAデビューシーズン、初年度から活躍するのは難しいと言われるリーグ戦にて24得点を挙げ得点王獲得の離れ業を演じると
翌00/01シーズンにも24得点(リーグ2位)を記録、その能力に疑いのない事を証明する。
01/02シーズン、ルーマニアのフォーカス・ヴェス誌が選ぶ東ヨーロッパ最優秀選手にも選出された。その後02/03シーズン開幕前に負った怪我から思うような働きが出来ず、リーグ戦では過去最低の5得点に終わった。しかし、このシーズンのチャンピオンズ・リーグ準決勝インテル戦にて貴重なアウェイゴールを挙げ決勝進出に大きな役割を果たすと、PK戦までもつれる大混戦となった決勝では自ら志願し、優勝のプレッシャーがかかる最後のPKを決めて、祈願の欧州チャンピオンとなった。
03/04シーズンには2度目となる得点王を獲得し、自身初となる
リーグ制覇に多大なる貢献、バロンド-ル受賞の栄誉にも輝いた。

1995年3月25日のクロアチア戦にて代表デビュー、
現在まで不動のストライカーとして君臨しているのは言うまでもなく、
2002年W杯出場を逃したが、シェフチェンコを中心に組織力、個人技に磨きをかけたウクライナ代表は圧倒的な力で2006年W杯ドイツ
大会、ヨーロッパ予選を突破、悲願の本大会出場を果たした。W杯での彼の活躍に期待したい。

余談だが、自身の父親の心臓手術を手助けしてもらったミラン会長ベルルスコーニ氏への恩義を忘れず、2003年2月に受けたレアル・マドリードからのオファーを断っている。



スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/25-fe4d60b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。