Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

  • 主に性的な癒しを求める女大半ですので貴方の優しさで
    包み込んであげて下さい(´▽`*)女性ユーザの
    約80%は現役風俗嬢やキャバ嬢ですょ★

    gesear 2006-02-21 17:37
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/33-8d14b61d

Alberto Gilardino アルベルト・ジラルディーノ

19_2cc5967024f3f1a471-m.jpg

フルネーム アルベルト・ジラルディーノ
Alberto Gilardino
ニックネーム ジラ
国籍 イタリア
生年月日 1982/7/5
出身地 ビエッラ(ピエモンテ)
ポジション FW(CF)
身長 184cm
体重 78kg
代表デビュー 2004/9/4vsNOR
シーズン 所属クラブ 試合数 得点数
1999/00 ピアツェンツァ 17 3
2000/01 エラス・ベローナ 22 3
2001/02 エラス・ベローナ 17 2
2002/03 パルマ 24 4
2003/04 パルマ 34 23
2004/05 パルマ 38 23
2005/06 ミラン

早い動き出しでディフェンスラインの裏に飛び出すプレースタイル、
そして、どんな体勢からでも貪欲にゴールを狙う姿勢は次代のフィリッポ・インザーギというに相応しく、現在急成長中にある期待のストライカーである。

13才の時、故郷ビエッラに近いピアチェンツァの下部組織に入り
ここで着実に成長、1998年よりUー15、16イタリア代表として活躍する。
99/00シーズン中盤戦の2000年1月6日ミラン戦、
17才でセリエAデビューを果たすと同年3月25日ヴェネツィア戦にて試合開始2分でセリエA初得点を記録する。
しかし、このデビューシーズンにピアチェンツァはB降格を屈し
自身は契約証を持つパルマの仲介でH・ヴェローナへ移る事となったが
本来のポジション以外でのプレーを強いられた事もあり、その能力は影を潜め、01/02シーズンには自身2度目のセリエB降格を経験した。
02/03シーズンより保有権を持つパルマへ戻りムトゥやアドリアーノ等の控えながら彼等と共にプレーする事で飛躍的成長を遂げ、
彼等の去った翌03/04シーズンには不動の地位を確立、
最終節にはこのシーズン1人だけ達成する事となる1試合4得点を挙げる離れ技も演じ、ディバイオの持つセリエA最多得点のクラブレコードを塗り替える通算23得点を記録した。
翌シーズンにもリーグ2位となる23得点を挙げたもののチームは低迷し、まさかの残留争いに巻き込まれたが、ボローニャとの残留を賭けたプレーオフでは貴重な得点を挙げるなど勝負強さも披露、このA残留を置き土産に強豪ミランへ引き抜かれる事となる。

イタリアUー15代表としてデビューしたのが1998年4月、
その後各年代の代表を経験し2000年8月16日メキシコ戦にて
18才でUー21代表デビュー、この年代での初得点は2003年6月と
大きく出遅れる事となったが、その後はコンスタントに得点を挙げ
2003年9月5日ウェールズ戦では1試合4得点の活躍も見せた。
2004年に開催されたUー21欧州選手権でも通算4得点を挙げ
得点王を獲得しチームの優勝に大きく貢献、同年ポルトガルにて開催されたフル代表による欧州選手権メンバーに選出されなかったのは残念だったがアテネ五輪代表として全試合に出場し4得点を挙げ母国の銅メダルに貢献している。

現在イタリア代表エースストライカーとしての地位を確立させつつあり
今後チームの命運を握るプレーヤーとなるだろう。ミランではシェフチェンコやインザーギの影に隠れがちだがその能力に疑いの余地は無い。今後のミランやアッズーリを担う選手である。
若きストライカーの今後の成長に期待しようではないか!



スポンサーサイト

Comments

  • 主に性的な癒しを求める女大半ですので貴方の優しさで
    包み込んであげて下さい(´▽`*)女性ユーザの
    約80%は現役風俗嬢やキャバ嬢ですょ★

    gesear 2006-02-21 17:37
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/33-8d14b61d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。