Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/44-364435ff

Christian ABBIATI クリスチャン・アッビアーティ

abbiati.jpg

フルネーム クリスチャン・アッビアーティ
      Christian ABBIATI 
国籍 イタリア
生年月日 1977年7月8日
出身地 アッビアテグラッソ
ポジション GK
身長・体重 190cm・90kg
ワールドカップ2002年ベスト16
所属クラブ
1994-95 モンツァ
1995-96 ボルゴゼジア
1996-98 モンツァ
1998-05 ミラン
2005- ユベントス

素早い身のこなしと、どんな局面においても冷静に対処する判断力は世界屈指。また常にその能力を発揮出来る安定性にも定評がある元イタリア代表GK。

セリエC1にあったモンツァにてキャリアをスタートさせボルゴゼジアにて経験を積んだ後、再びモンツァへ復帰、ここで守護神として君臨するとチームのセリエB昇格に大きく貢献する。97/98シーズンのB残留を達成した後名将ザッケローニ率いるミランへ引き抜かれる。
移籍当初、チームにはロッシという不動の守護神がいたため出場機会に恵まれずにいたがある日突然、セリエAの舞台に立つチャンスが訪れる事となる。
1999年1月17日ペルージャ戦、中田に同点PKを決められ熱くなったロッシがボールを拾いにいったアモローゾへの暴力行為によって一発退場となったのである。
この後を引き継ぎ、セリエAデビューとなったが、当時21才とは思えぬ落ち着いた判断力とスーパーセーブによって、すぐに正GKのポジションを獲得、更にこのシーズン、ミランはスクデットを獲得し、ほんの数カ月で世界的にも有名なGKの仲間入りを果たして見せたのである。
その後不動の守護神として君臨し安定したパフォーマンスを見せながら
チームはタイトルから見放され02/03シーズン、ヂダにポジションを奪われる不運は残念であった。しかし、このシーズンチャンピオンズ・リーグ制覇を達成するにあたって最も重要であったと思われる準決勝インテル戦において、負傷のヂダに代わって出場、MVP級のスーパーセーブを見せて決勝進出に大きな役割を果たし改めてその能力の高さを証明したのである。
シーズン終了後、国内外のビッグクラブからオファーが殺到するも
04/05シーズン終了までミランの第2GKとして在籍、そして
翌05/06シーズン開幕直前、ユベントスの守護神ブッフォンの怪我からレンタルという形でユベントスのゴールを守る事となった。

Uー21欧州選手権にて優勝に貢献し、幾度かフル代表に召集され、
デビューは見送られ続けて来たものの2002年ワールド杯メンバーにも選出された。その後2003年4月30日スイス戦にて祈願のフル代表デビューを果たしたが現在世界ナンバー1GKと称される代表守護神ブッフォンを凌ぐ事は容易ではないであろう。
アッビアーティのGKとしての能力は疑いようもなく、他のチーム、他の国の代表チームであったならば、不動の守護神として君臨出来る逸材であるのは誰もが認める所だけに彼の姿がピッチにないのは残念でならない・・。



スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/44-364435ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。