Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/53-c87cec4f

Valentino Mazzola バレンティーノ・マッツォーラ

mazzola_v.jpg

フルネーム バレンティーノ・マッツォーラ
Valentino Mazzola
ニックネーム トゥーレン(ブリキ職人)
国籍 イタリア
生年月日 1919/1/26 - 1949/5/4
出身地 カッサーノ・ダッダ(ミラノ)
ポジション FW(CF,WG),MF(OH,CH)
身長 Unknown
体重 Unknown
代表デビュー Unknown(通算12試合,4得点)
シーズン 所属クラブ 試合数 得点数
-1939 トレ・ソルディ - -
1939 アルファ・ロメオ - -
1939/40 ベネチア 6 1
1940/41 ベネチア 27 6
1941/42 ベネチア 28 5
1942/43 トリノ 30 11
1944/45 トリノ 25 21
1945/46 トリノ 35 16
1946/47 トリノ 38 29
1947/48 トリノ 37 25
1948/49 トリノ 30 16
獲得タイトル
ベネチア
1940/41 イタリアカップ優勝
トリノ
1942/43 イタリアリーグ優勝
1945/46 イタリアリーグ優勝
1946/47 イタリアリーグ優勝
1946/47 イタリアリーグ得点王
1947/48 イタリアリーグ優勝
1948/49 イタリアリーグ優勝

イタリアサッカー史上最大の伝説「グランデ・トリノ」のキャプテン。
卓越したゲームメークにスピード、得点感覚、並外れた身体能力を備え
闘志溢れるプレーでその名を歴史に刻んだスタープレーヤーであり
「スペルガの悲劇」によって命を落とした悲劇のファンタジスタでもある。
1960年代イタリア代表とインテルの旗頭として君臨したサンドロ・マッツォーラの父親。

故郷チーム、トレ・ソルディにて本格的にサッカーをプレーし始め
1939年当時セリエ C にあったアルファ・ロメオへ入団、その後
兵役によって赴任する事となるヴェネツィアにてマッツォーラの伝説は始まる。20歳にしてセリエAデビューを飾り、1940/41シーズンよりレギュラーに定着。
翌シーズンより不動のレギュラーとして活躍、エツィオ・ロイクとのコンビによってリーグ屈指の中盤を構成し1941年のコパ・イタリア優勝に貢献すれば翌年にはリーグ3位という好成績に貢献、通算170試合97得点の記録を残して当時強豪クラブの1つであったりトリノへ引き抜かれる。
ここでもチームリーダーとして君臨し1943年から第2次世界大戦をによる中段を挟んで1949年までの5シーズンにおいてリーグ5連覇、46/47シーズンには29得点を挙げて得点王にも輝いている。マッツォーラを得たトリノは1943年から1949年までの6年間、戦争による中断を挟んでリーグ5連覇の偉業を達成。当時は現在ほど欧州カップ戦が盛んに行われておらず、かつワールドカップも中断していたためマッツォーラの活躍は国内に限られていたが、それを差し置いてもグランデ・トリノは世界最強のチームというに相応しく、そのチームのキャプテンであるバレンティーノ・マッツォーラは世界最高の選手というに相応しかった。

マッツォーラが選手として全盛期にあった1949年、グランデ・トリノの伝説は突如終焉を迎える。ポルトガルでベンフィカと対戦した後(当時ポルトガル代表キャプテンであったフェレイラの引退試合)、トリノの選手達は帰国の途に着いた。しかし、トリノ郊外のスペルガの丘で選手たちを乗せた飛行機は教会に激突、炎上した。一人の生存者すらおらず、マッツォーラはアレッサンドロという遺産を残し30歳でこの世を去った。
この事故によりレギュラーの大半を失ったトリノとイタリア代表は弱体化を強いられるが当時6才だった息子サンドロが14年後、父親の後を継ぐように代表に選出、スペルガの悲劇の悲しみを癒す快挙として大きく報道される事となる。

バレンティーノ・マッツォーラは永遠に語り継がれていくであろう伝説のチーム「グランデ・トリノ」のキャプテンで1940年代最大の選手だった。非常に人間味溢れる、闘志の塊のような男で、プレーでチームを牽引するのは勿論、腕を捲り上げ大声で怒鳴り、身振り手振りでチームを鼓舞した。「最後に勝負を分けるは勝ちたいという強い気持ちだ」というなんとも精神論じみた言葉があるが、マッツォーラはその部分で明らかに他の選手より勝っていた。また技術力の高さでもその当時の最高峰で、デビューしたての頃にマッツォーラと対戦した若き日のジャンピエロ・ボニペルティは「完璧な技術を備えた牡牛」と彼を表現した。


スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/53-c87cec4f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。