Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/56-30fb4a62

Sandro MAZZOLA サンドロ・マッツォーラ

Mazzola1.jpg

フルネーム アレッサンドロ・マッツォーラ
Aressandro Mazzola
ニックネーム サンドロ
国籍 イタリア
生年月日 1942/11/8
出身地 トリノ
ポジション FW(ST),MF(OH)
身長 179cm
体重 66kg
代表デビュー 1963/5/12(通算70試合,22得点)
所属クラブ
1952-77 インテル
主なタイトル
1968年 欧州選手権優勝
1963/64 UEFAチャンピオンズカップ優勝
1964年 インターコンチネンタルカップ優勝
1964/65 UEFAチャンピオンズカップ優勝
1965年 インターコンチネンタルカップ優勝

イタリアサッカー史上最大の伝説「グランデ・トリノ」のキャプテン
ヴァレンティーノ・マッツォーラの息子であり、父親に見劣りせぬ技術と存在感を示し歴代イタリアを代表するファンタジスタにしてキャリアの全てをインテルに捧げたインテルのシンボル。

トリノ出身だが偉大なる父親と比較されるのを嫌い10才でインテルの
育成機関に加入、60/61シーズンにストライカーとしてトップデビューを果たす。
62/63シーズンより頭角を現し23試合に出場し10得点を挙げる活躍を見せこのシーズンのスクデット獲得に貢献、翌シーズンのチャンピオンズ・カップでは決勝レアル・マドリード戦で2得点を挙げるなど大会最多タイとなる7得点を挙げクラブを欧州の頂点に導いた。
更に翌シーズンのチャンピオンズ・カップ連覇、スクデット獲得の2冠に加えリーグ戦にて17得点を挙げ父親の持つ得点王のタイトルも手中にした。
その後も数々の栄光をクラブにもたらしインテル黄金期の旗頭として君臨、60年代後半からは中盤のゲームメーカーとして絶大な存在感を示しキャリアのすべてをインテルのために捧げた。

イタリア代表として1963年5月12日ブラジル戦、20才でデビューを果たす。
以後レギュラーとして定着、1966年ワールド杯ではグループリーグ敗退となったが
2年後の欧州選手権で優勝、1970年ワールド杯では天才ジャンニ・リヴェラとの
ポジション争いに打ち勝ち準優勝に大きく貢献して見せた。
1974年ワールド杯、イタリアは再びグループリーグで敗退するが
マッツォーラの見せたパフォーマンスは各メディアがベストイレブンに
選出する程のハイレベルなプレーであった。
代表通算70試合22得点、父親の持った能力を完璧に引き継いだ
数少ないプレーヤーである事を疑う者はいない。

偉大な父を持つサンドロは、小さな頃から常にバレンティーノと比較され続けた。だがサンドロはそれを極端に嫌い、父が永く在籍したトリノではなく、ミラノ市のインテルに活躍の場を求めた。
カテナチオの基礎となったと言われる1960年代のインテルの守備的な戦術の中で、効率的なカウンターアタック、1人で攻める術を身に付けたマッツォーラは、イタリア代表にも欠かせない存在だった。デビュー間もない頃はFW登録だったが、円熟期を迎えるとゲームメーカーとしての才能も発揮。1968年欧州選手権ではイタリア代表に30年振りのビッグタイトルをもたらし、インテリスタだけでなく全イタリア国民の尊敬を集めた。

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/56-30fb4a62

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。