Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/6-ae5475b6

イブラヒモビッチとカッサーノがトレードの可能性?

 ズラタン・イブラヒモビッチは苦しい時期を過ごしている。ローマ戦での退場もそれに拍車をかけた。レアルからの巨額のオファーのうわさに気を取られているようだ(現在の年俸は150万ユーロ(約2億1450万円)だが、オファー額は600万ユーロ(約8億5800万円)。

 レアルはイブラヒモビッチへの興味を否定する正式なコメントを出したが、だからといってレアルがイブラヒモビッチをあきらめるとは考えられない。フィーゴやロナウドを獲得した際にもレアルは同様の手法を用い、一旦遠慮するようなコメントを出した後でバルセロナ、インテルから彼らを奪っていった。

 2007年に向けてフロレンティーノ・ペレス会長がイブラヒモビッチの獲得を夢見ていることに変わりはない。昨年対戦した際に彼のプレーに魅了されて以来、彼のことが頭から離れないようだ。ユベントスを説得するため、レアルの会長は驚くようなカードを用意している。アントニオ・カッサーノを交渉に含めるというものだ。ファビオ・カペッロの大のお気に入りの選手であり、イブラヒモビッチとの交換条件として受け入れられる可能性のある唯一の選手だろう(加えて適切な差額を現金で支払うことも必要)。

 マドリーに到着した直後は興奮状態にあったカッサーノも、“銀河系軍団”で過ごすことがそれほど楽ではないと理解し始めている。ポジション争いは激烈で、出場機会は全く保証されてはいない。カペッロ率いるユベントスへの移籍を彼が喜ばないはずはないだろう。20060125_img.jpg

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/6-ae5475b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。