Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/64-33d48095

Gianluca Pagliuca ジャンルカ・パリュウカ

pagliuca001.jpg

フルネーム ジャンルカ・パリュウカ
Gianluca Pagliuca
ニックネーム -
国籍 イタリア
生年月日 1966/12/18
出身地 ボローニャ
ポジション GK
身長 190cm
体重 88kg
代表デビュー 1991/6/16(通算38試合,0得点)
所属クラブ
1985-86 ボローニャ
1986-94 サンプドリア
1994-99 インテル
1999- ボローニャ
主なタイトル
1997/98 UEFAカップ優勝

1990年代イタリアを代表するGK。抜群の反射神経を持ち、至近距離からのシュートにも素晴らしい反応を見せゴールマウスを死守、ハイクロスにも強く常に安定した力を発揮する元イタリア代表守護神。

1984年、生まれ故郷のチームでもあるボローニャへ加入するが
デビューを果たす事なくサンプドリアへ移籍、
87/88シーズン終盤のピサ戦でセリエAデビューを果たす。
88/89シーズンより不動の守護神として君臨、89/90シーズンのカップウィナーズ・カップ優勝に貢献すると翌シーズンには
チーム初となるスクデット獲得にも大きく貢献した。94/95シーズンよりインテルへ加入、低迷を続けるチームにあってもその能力の高さと存在感は言うまでもなかった。
その後古巣ボローニャへ復帰、00/01シーズンより現在まで
連続試合出場を記録しており、そのパフォーマンスも年齢を重ねる度に
更に進化を遂げ、今尚イタリア屈指のGKとして称されている。

1991年6月16日ソ連戦にて代表デビュー。
1990年W杯においてゼンガの控えとしてメンバーに選出されると
続く1994年W杯にはレギュラーとして出場、予選リーグ第2戦で
退場となる不運もあったが、準優勝に大きく貢献した。
1998年W杯ではペルッツィの控えGKとなるはずであったが、
そのペルッツィの怪我もあって、全試合にフル出場しベスト8進出に貢献した。
代表通算39試合。

イタリア「不運のPK戦負け」が大きく取り上げられ、その主人公に
R・バッジョが話題となるが、2大会連続でそのPK戦に挑んだパリュウカもまた、その主人公であった事を忘れてはならない・・・。

1994/95シーズンから1997/98シーズンまでの4シーズン連続でリーグ戦全試合出場を達成し、チームに欠かせない存在としてサポーター、チームメートから慕われた。





スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/64-33d48095

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。