Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/73-fc8d120c

Antonio Cassano アントニオ・カッサーノ

20060125_img.jpg

フルネーム アントニオ・カッサーノ
Antonio Cassano
ニックネーム ロマン
国籍 イタリア
生年月日 1982/7/12
出身地 バリ
ポジション FW(ST),MF(OH)
身長 175cm
体重 81kg
代表デビュー 2003/11/12vsPOL
シーズン 所属クラブ 試合数 得点数
1998/99 バリ 0 0
1999/00 バリ 21 3
2000/01 バリ 27 3
2001/02 ローマ 22 5
2002/03 ローマ 27 9
2003/04 ローマ 33 14
2004/05 ローマ 31 9
2005/06(jan) ローマ 5 2
レアル・マドリード

イタリア・カルチョ史上屈指の才能の持ち主と称えられる天才プレーヤー。抜群のスピードとテクニックを誇るイタリア次代のファンタジスタ。パスセンス、ゴールセンスにも優れ、底知れぬポテンシャルは今だ成長中にある。激しい気性が災いしてか、未だ本領の発揮に至っていないが、時折見せるアクロバティックなシュートの数々は彼の類稀な才能を雄弁に物語る。

南イタリア、けっして環境が良いとは言えないバリの旧市街地生まれで、父親はおらず母親は麻薬中毒者という劣悪な環境で育つ。少年の頃はバリでも有名な不良として悪名を馳せたが、同時にフットボールの天才としても知られる存在だった。11歳の時にインテルのテストに合格するものの家庭環境がそれを許さず、結局地元バリの下部組織に加入。1999年12月のレッチェ戦でセリエAデビューを果たし次節のインテル戦では決勝点となるスーパーゴールを記録する。
12才でバリの育成機関へ入り本格的にサッカーを始め、自身の最大の
アイドルは現在チームメイトのフランチェスコ・トッティであった。
やがてトップ昇格を果たし、99/00シーズン12月18日インテル戦にて弱冠17才でのセリエAデビュー、更にこの試合後半42分に決勝弾をも記録し人々を驚かせたのである。そしてこのシーズンの残り試合すべてに出場、結果的に得点は3得点に終わったが、その記録よりも印象に残る記憶を残したシーズンとなった。翌シーズン、残念ながらチームはB降格、国内はもとより海外ビッグクラブから数多くのオファーが殺到し、10代としては破格の30億、40億円ともいわれる移籍金によってローマへ引き抜かれる。
自身のアイドルであるトッティと共にプレーする事で、その才能は更に開花するが人を戸惑わせる性格は変わらず、練習を無断で休むなど指揮官であるカペッロも頭を悩ませ、自身もピッチ上では安定感に欠ける場面も見られた。
ただ、その年齢を見れば、まだ20才そこそこの年齢でありローマでの1年目5得点、2年目9得点はけして悪い数字ではなく、すでにベテランの風格すら伺える彼の今後に、大きな期待を抱いてしまうのも当然である。

イタリアUー18代表当時、2000年にポルトガルで行われた大会では最優秀選手に選出、その後Uー21代表としても活躍するが
ジェンティーレ監督とトラブルを起こすなど、ここでも問題児として本領を発揮しUー21代表を外される。しかし、その後クラブにて見せる高いパフォーマンスはフル代表指揮官であるトラパットーニ監督も認める所となり2003年11月12日ポーランドとの親善試合でデビューを飾った。
更にこの試合でゴールを記録、試合には敗れたがいずれはイタリア代表を担うとされる才能を発揮させている。

シーズンは14得点を挙げローマのリーグ2位に大きく貢献、ようやく本格化の時期を迎えたかと思われたが、最大の理解者であったカペッロがユベントスへと去った2004/05シーズン、再びそのパーソナリティーが問題視されるようになりパフォーマンスは低下。ロマニスタからは反感を抱かれたまま、2006年1月にレアル・マドリードへの移籍が決定した。

しばしば彼の問題行動、自由奔放な発言ばかりが注目されるが彼のサッカー選手としての能力は疑いようもなく、彼のサッカーにかける情熱には敬意を表したい。EURO2004ブルガリア戦(ゴールを決めベンチへと駆け寄るがグループリーグ敗退決定を聞かされ泣き崩れた)の涙は彼のサッカーにかける情熱の深さを感じた瞬間でもあった。




スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/73-fc8d120c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。