Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/74-354724ff

Christian Panucci クリスチャン・パヌッチ

panucci.jpg

フルネーム クリスチャン・パヌッチ
Christian Panucci
ニックネーム -
国籍 イタリア
生年月日 1973/4/12
出身地 サボナ
ポジション DF(RSB)
身長 183cm
体重 73kg
代表デビュー 1994/9/7
所属クラブ
1991-93 ジェノア
1993-96 ミラン
1996-99 レアル・マドリード(スペイン)
1999 インテル
2000-01 チェルシー(イングランド)
2001 モナコ(フランス)
2001- ローマ
主なタイトル
1993/94 UEFAチャンピオンズカップ優勝
1997/98 UEFAチャンピオンズリーグ優勝
1998年 インターコンチネンタルカップ優勝

確かなデフェンス能力と素晴らしい攻撃センスを備えるイタリア代表サイドバック。
思った事をすぐに口にしてしまう性格が災いするトラブルメーカーでもあるが名将カペッロがミラン時代から絶大な信頼を寄せる選手である。

90/91シーズン、ジェノアにてキャリアをスタートさせ
翌シーズンにセリエ A デビュー、92/93シーズンにはレギュラーとして活躍した後、シーズン終了後にカペッロ率いるミランへ引き抜かれる。
ここでいきなりスクデット、チャンピオンズリーグの2冠に貢献、95/96シーズンには5得点を挙げる活躍を見せるなどして自身2度目のスクデットに貢献した。
96/97シーズン途中カペッロの後を追うようにレアルへ移籍すると
すぐに主力として活躍し、ここでもリーグ優勝に貢献、カペッロが去った後も活躍を続け自身2度目のチャンピオンズ・リーグ制覇を果たし
更にミラン在籍時に成し得なかったトヨタカップの栄冠も手に入れた。
その後加入したインテル、チェルシー、モナコでは監督、チームメイトと衝突しポジションを失いもしたが01/02シーズンより再びカペッロ監督の元ローマにて復活を遂げた。

代表デビューは1994年9月7日スロベニア戦。
しかし世界屈指と言われる実力を持ちながらゾフ、マルディーニ監督の元では重用視されず1998年ワールド杯でもメンバーに選出されなかった。
ローマ移籍後の活躍からトラパットーニ監督によって代表復帰を果たし
2002年ワールド杯にも4試合すべてに出場を果たした。

ミラン、レアル・マドリード等のビッグクラブで活躍したことからも解るように、能力は疑いようもない。右サイドのスペシャリストとしてゲームに置いてはチームに大いに貢献している。

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/74-354724ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。