Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/79-bfe97f83

Dino BAGGIO ディノ・バッジョ

baggiod2.jpg

フルネーム ディノ・バッジョ
国籍 イタリア
生年月日 1971年7月24日
出身地 カンポサンピエロ
ポジション MF
身長・体重 188cm・83kg
個人タイトルなし
ワールドカップ1994年準優勝
1998年ベスト8
所属クラブ
1988-91 トリノ
1991-92 インテル
1992-94 ユベントス
1994-00 パルマ
2000-03 ラツィオ
2003-04 ブラックバーン(イングランド)
2003- アンコーナ

豊富な運動量と守備能力で中盤を支配し、長身を活かしたヘッド、強烈な長距離砲も持ち味として活躍した元イタリア代表MF。

89/90シーズン、当時セリエBにあったトリノにてトップデビューを果たしセリエA昇格となった翌90/91シーズン、1990年9月9日ラツィオ戦にてセリエAデビューを果たす。ここで見せた高いポテンシャルが認められ翌シーズンにインテルへ引き抜かれた後、強豪ユベントスへ。
加入シーズンから抜群の存在感を示しUEFAカップ優勝に大きく貢献、決勝ドルトムント戦ではアウェイ戦にて1ゴール、ホームにて2ゴールの活躍を見せている。94/95シーズンよりパルマへ移りチームの躍進に貢献、すぐに不動の地位を確立させ加入シーズンUEFAカップ決勝では古巣ユベントスを相手にホームにて決勝弾、アウェイにて同点弾と通算2ー1の勝利に貢献し自身2度目の欧州カップを手中にした。98/99シーズンの同大会でも優勝、更にコパ・イタリア優勝の2冠に貢献した後、強豪ラツィオへ引き抜かれるがシーズンを重ねる事に出場機会は激減、プレーする場を求めプレミアリーグ、ブラックバーンへ移ったもののレギュラーの座を確立するに至らずシーズン途中にして不振に喘ぐアンコーナへ移った。

1991年12月21日、フォッジャで開催されたキプロス戦にて代表デビュー。
その後代表に欠かせぬ存在となり通算60試合(7得点)に出場している。1994年ワールド杯全7試合、1998年ワールド杯全5試合に出場、中盤で抜群の存在感を見せた。

インテル、ユベントス、パルマと当時ビッグ7に数えられたチームに在籍しながら1度のスクデットも手中に出来なかったのは不運としか言いようがないだろう。

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/79-bfe97f83

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。