Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/80-40254bc2

Giuseppe GIANNINI ジュゼッペ・ジャンニーニ

06.jpg

フルネーム ジュゼッペ・ジャンニーニ
国籍 イタリア
生年月日 1964年8月20日
出身地 ローマ
ポジション MF
身長・体重 177cm・70kg
個人タイトル なし
ワールドカップ1990年3位

所属クラブ
1981-96 ローマ
1996-97 シュトゥルム・グラーツ(オーストリア)
1997-98 ナポリ
1998-99 レッチェ

82/83シーズン、ローマをスクデットに導いたファルカンの後継者として君臨、甘いマスクと長髪をなびかせて華麗に舞うプレースタイルからプリンシペ(王子)の愛称で親しまれ、ロマニスタから絶大な人気を誇った。現在ローマにて同じ愛称で親しまれるイタリア代表トッティのアイドルでもある。

ローマ生まれのローマ育ちであり、ローマの下部組織で育った後、弱冠17才1982年1月31日チェゼーナ戦にてセリエAデビューを果たした。
翌シーズン、出場機会こそなかったが41/42シーズン以来となる
リーグ優勝を経験、84/85シーズンよりレギュラーに定着すると
ファルカンの去った後の約10年に渡ってチームの顔として絶大な人気と存在感を示した。しかし、在籍中2度のコパ・イタリアを制したものの、肝心のスクデットには手が届かず、その後の若手の成長もあり1996年にチームを離れる。オーストリアへ新天地を求めた彼だが、ドイツの系譜を引くパワーサッカーに馴染む事が出来ず16試合2得点で帰国、ローマ時代の恩師マッツォーネに呼ばれナポリへ加入する。だが、そのマッツォーネが4連敗で早々と解任されると彼も居場所を失いシーズン途中にレッチェに移籍する事となる。
キャリアの最後となった98/99シーズンはセリエBでの舞台となったが33試合に出場しチームのセリエA復帰の原動力となって活躍した。

Uー21代表として21試合に出場、その後の1987年12月5日マルタ戦にて代表デビューを果たしイタリア代表次代を担うファンタジスタとして期待されるが、同じ世代に世界最高のファンタジスタと称されるR・バッジョの存在が、彼にとって最大の不運であったと言える。
それでも1990年ワールド杯では全7試合に出場し、予選リーグアメリカ戦では決勝点を挙げるなどの活躍を見せた。イタリア代表通算47試合6得点。
2000年5月17日、ローマのホームスタジアムであるスタディオ・オリンピコにて引退記念試合が行われ、ファルカン、マンチーニ、フェラー、コンティ、リードホルム等歴代のイタリア代表やローマのスタープレーヤーが顔を揃えた。

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/80-40254bc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。