Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/85-090b6114

Roy Keane ロイ・キーン

roy-keane.jpg

フルネーム ロイ・モーリス・キーン
Roy Maurice Keane
ニックネーム キーノ,闘将
国籍 アイルランド
生年月日 1971/8/10
出身地 コーク
ポジション MF(CH),DF(CB)
身長 179cm
体重 81kg
代表デビュー 1991/5/22vsCHI
シーズン 所属クラブ 試合数 得点数
1989/90 コブ・ランブラーズ - -
1990/91 ノッティンガム・フォレスト 35 8
1991/92 ノッティンガム・フォレスト 39 8
1992/93 ノッティンガム・フォレスト 40 6
1993/94 マンチェスター・ユナイテッド 37 5
1994/95 マンチェスター・ユナイテッド 25 2
1995/96 マンチェスター・ユナイテッド 29 6
1996/97 マンチェスター・ユナイテッド 21 2
1997/98 マンチェスター・ユナイテッド 9 2
1998/99 マンチェスター・ユナイテッド 35 2
1999/00 マンチェスター・ユナイテッド 29 5
2000/01 マンチェスター・ユナイテッド 28 2
2001/02 マンチェスター・ユナイテッド 28 3
2002/03 マンチェスター・ユナイテッド 21 0
2003/04 マンチェスター・ユナイテッド 28 3
2004/05 マンチェスター・ユナイテッド 31 1
2005/06
(dec) マンチェスター・ユナイテッド 5 0
セルティック * *
主なタイトル
1998/99 UEFAチャンピオンズリーグ優勝
1999 インターコンチネンタルカップ優勝

闘争心を前面に押し出し絶対的な存在としてピッチに君臨するチームのリーダー。
90年代半ばから現在に至るまでの最強を誇るマンチェスター・Uの
大黒柱であり1997年以降はキャプテンとしても活躍する世界でも屈指のセンターハーフ。
両サイド攻撃の安定に欠かす事の出来ない選手でありこのチームにおいて最も重要な選手との評価を得ている。(実際に怪我のためシーズン中の出場が叶わなかった97/98シーズンチームは無冠)
激しい気性でも知られ、仲間がファウルを受けた時には鬼の形相で相手選手に詰め寄って行き、それがしばしば警告の対象となるが、その性格あっての統率力は見事と言うしかなく個性あるスター軍団をまとめあげると共に絶大な精神的支柱でもある。

アイルランド代表として挑んだ1994年W杯欧州予選では、
前評判の高かったポルトガルを粉砕して本大会への切符を手中にし、
本大会では4試合フル出場を果たしてベスト16に大きく貢献した。
2002年ワールドカップ予選、ホームでのオランダ戦の活躍は特に素晴らしく、アイルランドが退場者を出した後の30分間の活躍は驚異的と言うほか無く、アイルランドの各紙は10点という最高の評価を偉大なキャプテンに与えた。
素晴らしい存在感でチームを本大会へ導き本人にとって最後となるであろうW杯での活躍が期待されたが開幕直前にフロント陣とトラブルをおこしてしまい帰国してしまったのは非常に残念な所である。
その後は代表から離れたが新監督ブライアン・カーの元2004年5月27日ルーマニア戦にて代表復帰を果たしている。

2005年11月18日、MUTVでのチーム批判が引き金となり、突如マンチェスター・ユナイテッドとの契約を解除。12月15日に幼少の頃から最も愛するクラブ、セルティックへの移籍が決定した。

余談だが、2001年3月にアイルランドサッカー協会の腐敗に抗議し、「改善されなければ残りW杯予選を辞退する」として協会を納得させた事は有名な話である。




20060331-00000127-reu-spo-view-000.jpg

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/85-090b6114

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。