Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/89-d56cb167

Alan Shearer アラン・シアラー

alan-shearer.jpg

フルネーム アラン・シアラー
Alan Shearer
ニックネーム メリーポピンズ
国籍 イングランド
生年月日 1970/8/13
出身地 ゴルフォース(ニューカッスル)
ポジション FW(CF)
身長 183cm
体重 76kg
代表デビュー 1992/2/19vsFRA(通算63試合,30得点)
シーズン 所属クラブ 試合数 得点数
1987/88 サウザンプトン 5 3
1988/89 サウザンプトン 10 0
1989/90 サウザンプトン 26 3
1990/91 サウザンプトン 36 4
1991/92 サウザンプトン 41 13
1992/93 ブラックバーン・ローバーズ 21 16
1993/94 ブラックバーン・ローバーズ 40 31
1994/95 ブラックバーン・ローバーズ 42 34
1995/96 ブラックバーン・ローバーズ 35 31
1996/97 ニューカッスル・ユナイテッド 31 25
1997/98 ニューカッスル・ユナイテッド 17 2
1998/99 ニューカッスル・ユナイテッド 30 14
1999/00 ニューカッスル・ユナイテッド 37 23
2000/01 ニューカッスル・ユナイテッド 19 5
2001/02 ニューカッスル・ユナイテッド 37 23
2002/03 ニューカッスル・ユナイテッド 35 17
2003/04 ニューカッスル・ユナイテッド 37 22
獲得タイトル
イングランド代表
1996 欧州選手権得点王
ブラックバーン・ローバーズ
1994/95 イングランドリーグ優勝
1994/95 イングランドリーグ得点王
1995/96 イングランドリーグ得点王
ニューカッスル・ユナイテッド
1996/97 イングランドリーグ得点王
個人タイトル
1995 イングランド年間最優秀選手(PFA選出)
1997 イングランド年間最優秀選手(PFA選出)
2002 プレミアリーグ創設10周年記念国内最優秀選手

抜群の得点感覚、両足から放たれる強烈なシュート力、思いきりの良いヘディング、ストライカーとして必要な要素をすべて兼ね備え、94/95シーズンから3シーズン連続のプレミア得点王、90年代のイングランド代表の絶対的存在でもあった。
代表から退いた今尚、絶大なる存在感と決定力で魅了するスーパースターである。

15才でサウサンプトンのユースチームに加入し、17才の時アーセナル戦でトップデビュー、いきなりハットトリックを達成する。
ここで過ごしたシーズンでの活躍は注目を集めるようになり、やがてプレミア最大のクラブ、マンチェスターUからの熱心なオファーが来るが、それを断り、プレミア昇格したての未知のクラブ、ブラックバーンへ移籍する。
人々はその愚かな行為を噂したが、94/95シーズンには34得点を記録してチームをリーグ優勝に導き、その選択が間違いではなかった事を証明する。
日々を追って、その名前は世界中に響き渡るようになり、イタリア名門ユベントス、さらに再びマンチェスターUなどのクラブからの誘いを受けるが、自らの夢でもあった故郷のチーム、ニューカッスルへ移籍、栄光の背番号9に袖を通したシアラーは、不動のエースとして長年に渡って活躍し2002年4月20日チャ-ルトン戦にてプレミアシップ200ゴールを達成している。
02/03シーズンには32才という年齢を感じさせないパフォーマンスを見せ通算17得点を記録、チームをリーグ3位に導いき、チャンピオンズ・リーグでも抜群のパフォーマンスを見せて、衰えを見せる事はまったくない。
2003年にプレミアシップ10周年を記念したファン投票の10周年国内最優秀選手、FAプレミア特別功労賞、10周年ベスト11と3部門にて選出されている。

代表デビューは1992年2月19日フランス戦。
1996年の欧州選手権では5得点を記録し得点王を獲得、1998年ワールドカップではキャプテンも務めたが、2000年欧州選手権を
最後に代表からの引退を表明、まだ29才と言う若さでもあった。
このまま代表を続けたならば、間違い無くボビー・チャ-ルトンにも並ぶ代表得点記録(49得点)も塗り替えていた事だろうが、
「後進に道を譲る」の言葉通り、イングランドの若き選手達の台頭を
最も喜んでいるのもまた、シアラーであるのかもしれない・・。
代表通算63試合30得点。

イングランドの古き良きスタイルを受け継ぐサッカーの母国の誇り。技術的な凄みを感じさせるプレーヤーではないが、ポジショニングの巧さと鋼のような精神力でゴールを量産する。紳士的な人物として知られ、激しくも決して荒れることは無く、カードを貰うことは非常に稀。尊敬すべき存在である。
残念ながら今シーズン限りでの現役引退を表明している。


スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/89-d56cb167

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。