Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/91-08b42f78

欧州CL、ACミランが4強入り

チャンピオンズリーグ(以下CL)は現地時間4日、準々決勝セカンドレグの2試合が行なわれ、ミラン(イタリア)がインザーギの活躍で3対1とリヨン(フランス)を下して準決勝へ駒を進めた。

敗退の危機に陥ったミランをインザーギが救った。初戦を0対0で終えて、ミランのホームで行なわれたセカンドレグ、まずは25分にクロスに頭で合わせて先制点を記録する。しかし、その直後の31分、チームはリヨンのディアッラにゴールを許して1対1の同点に追い付かれる。そのまま時間が過ぎ、アウェイゴールルールでの敗退が濃厚となり始めた88分、再びインザーギがゴールネットを揺らす。シェフチェンコのシュートが左右両ポストに当たってゴール前に転がったところを蹴り込み、歓喜を呼ぶ勝ち越し点を挙げた。これで集中の切れたリヨンに対し、ミランはロスタイムにシェフチェンコのゴールを追加して、最終的には3対1。昨季決勝で敗れた屈辱を晴らすべく、ベスト4進出を決めた。
20060405-00000595-reu-spo-view-000.jpg

先制ゴールを決めたACミランのインザーギ

「心で勝ち取った勝利」

リヨンを3-1で下した試合で、フィリッポ・インザーギは2ゴールを記録した。準々決勝第2戦の文句なしの主役となったのは彼だった。

タイムアップの笛を迎えた後、インザーギは次のように語った。
「みんな喜んでいる。準決勝に進むことができてうれしい。リヨンは素晴らしいチームだということを証明した。心で勝ち取った勝利だ。内容が悪かった? いや、チャンスは何度も作ることができた」

さらに彼は続けた。
「準決勝に進めるのはいいことだ。ミスが多かったって? 相手のマークが良かったし、時間が経つごとにボールが重くなっていった。終了間際に混戦の中からボールを押し込めたのは良かった。このゴールは明日誕生日の弟にささげたい」
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/91-08b42f78

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。