Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/92-95af7ca4

Bobby Charlton ボビー・チャールトン

charlton.jpg

フルネーム ロバート・チャールトン
Robert Charlton
ニックネーム ボビー
国籍 イングランド
生年月日 1937/10/11
出身地 アシントン
ポジション FW(CF),MF(OH)
身長 173cm
体重 72kg
代表デビュー 1958/4/19(通算106試合,49得点)
所属クラブ
1954-73 マンチェスター・ユナイテッド
1974-75 プレストン・ノースエンド
主なタイトル
1966年 ワールドカップ優勝
1967/68 UEFAチャンピオンズカップ優勝
1966年 欧州年間最優秀選手(フランスフットボール誌)

卓越した得点能力とテクニックを備え、あのディ・ステファノの後継者とまで称されるファンタジーで人々を魅了した60年代イングランド代表ストライカー。
「ミュンヘンの悲劇」から生還し、マンチェスター・ユナイテッドの復活、そして黄金期に大きく貢献した事でも知られる。
大英帝国が誇るサッカーの遺伝子を最も濃く受け継いだのが、チャールトン家の弟、ボビーことロバート・チャールトンだ。母方の叔父たち、ジャック、ジミー、ジョージ、スタンは全員プロのフットボーラーであり、また母の従弟であるジャッキー・ミルバーンはイングランド代表としてもプレーした。それだけではない。ボビーの兄、ジャッキー・チャールトンもイングランド代表としてプレーし世界的な名選手となった。そんな華麗なフットボール一族の中でもひときわ輝いているのがボビーなのだ。

イングランドの北東部にある小さな町アシントンに生まれ母親はニューカッスルの伝説的スターとして君臨したジャッキー・ミルバーンの姉。
素晴らしい血統を持つ彼は、このミルバーンに憧れ2才年上の兄ジャッキーと共に幼年時代よりサッカーを始める。15才の頃、約20ものクラブから誘いを受け1954年10月4日にマンチェスター・ユナイテッドの一員となるとその2日後、チャールトン・アスレティック戦にてデビューを果たす。
当時チームにはトップ・テイラーという絶対的なストライカーがいたため多くの出場機会は与えられなかったが、彼が怪我から戦列を離れたのきっかけにチャンスをものにすると1957年のリーグ連覇に大きく貢献する。
そんな中、1958年2月6日に悲劇は起こる・・このシーズンのチャンピオンズ・カップにて敵地でレッドスターを敗り帰国途中、給油で立ち寄ったミュンヘンにて飛行機は離陸に失敗し炎上、犠牲者22人の中にはチームの主力8人も含まれていた。彼もまた重傷を負うが、当時の指揮官マッド・バスビーと共に奇跡的に命はとりとめ、やがてこの2人によってチームは再建される事になる。
チームの象徴的存在として君臨し事故から5年の歳月を経た頃には
デニス・ロー、ジョージ・ベストといったスーパースターを擁し最強のチームを形成、1963年FAカップにて優勝を遂げ久々のタイトルを獲得すると64/65、66/67シーズンリーグ優勝、そして、あの事故から10年後となる67/68シーズンには祈願であったチャンピオンズ・カップのタイトルをクラブにもたらしヨーロッパ制覇の夢を達成して見せた。
1973年、ブレストン・ノースエンドにてプレーイングマネージャーとして迎えられ1年間プレーした後現役生活に別れを告げた。

1958年4月19日スコットランド戦、ゴールを挙げる華々しい代表デビューを果たすが当時代表監督であったウィンター・ボトムは2ヶ月後に控えたワールド杯メンバーから外す。その後レギュラーに定着し
1962年大会には全4試合に出場1得点でベスト8に貢献、1966年大会では全6試合に出場し3得点を挙げ優勝に大きく貢献した事から、この年の欧州最優秀選手(バロンドール)にも選出された。
イングランド史上最も成功した伝説的プレーヤーであり、彼の武器でもあった左足から繰り出す強烈な「キャノンシュート」は今尚真似出来たプレーヤーは存在しないといわれている。

1968年にヨーロッパの頂点に立った。レフティの彼は決勝のベンフィカ戦で2点を挙げたがなんと、頭と、右足で挙げたゴールだった。彼には珍しいゴールだが、きっと人生の中でも最高のゴールだっただろう。



スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/92-95af7ca4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。