Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/98-c176a292

ミラン、二けた得点4人は55年ぶり

キエーボ戦でハットトリックを達成したミランのブラジル人MFカカは今季のリーグ戦でのゴール数を12に伸ばした。カカにとってミランで初めてのハットトリックであることに加え、ミランにとっても2重の意味で歴史的な結果である。

 キエーボ戦の4-1という結果により、ミランはシーズン合計100ゴールを突破(現在102ゴール)。また、カカが12ゴールに到達したことでリーグ戦での二けた得点者は4人になったが、これはミランにとってセリエAで実に55年ぶりのことである。1950-51シーズンにはグンナー・ノルダールが34ゴール、カルロ・アンノバッツィが17ゴール、ノルダールとともに“グレ・ノ・リ”トリオの1人であるニルス・リードホルムが13ゴール、レンツォ・ブリーニが12ゴールを記録した。
 この年のミランは合計107ゴールを記録し、インテルを1ポイント差で抑えてスクデットを獲得。4人の二けた得点者がミランの全ゴールの71パーセント(76点)、そのほかの5選手が残りのゴール(31点)を決めた。

 今季のミランはアンドリー・シェフチェンコ(19点)を筆頭にアルベルト・ジラルディーノ(16点)、カカ(12点)、フィリッポ・インザーギ(10点)が続く。74ゴール中57ゴールが4人のもので、全体の77パーセントに当たる。残りの16ゴールは9人の選手で記録しており、合計13人がリーグ戦で1点以上のゴールを決めている(オウンゴールも1点)。

<ミランでの二けた得点者4人>
1931-32(57):パストーレ13、アルカーリ、マニョッツィ、モレッティ各11
1949-50(118):ノルダール35、ブリーニ21、リードホルム、グレン各18
1950-51(107):ノルダール34、アンノバッツィ17、リードホルム13、ブリーニ12
2005-06(74):シェフチェンコ19、ジラルディーノ16、カカ12、インザーギ10

※( )内はシーズン終了時のチーム総得点(05-06は第33節終了時点)
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/98-c176a292

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。