Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/99-66ef0c1e

David Seaman デイビッド・シーマン

seaman.jpg

フルネーム デイビッド・アンドリュー・シーマン
David Andrew Seaman
ニックネーム Mr.セーフハンド,ポニーテール
国籍 イングランド
生年月日 1963/9/19
出身地 ロザラム
ポジション GK
身長 191cm
体重 83kg
代表デビュー 1988/11/16
所属クラブ
1981-82 リーズ・ユナイテッド
1982-84 ピーターボロ・ユナイテッド
1984-86 バーミンガム・シティ
1986-90 クィーンズ・パーク・レンジャーズ
1990-03 アーセナル
2003 マンチェスター・シティ

現代イングランドを代表するGK。母国イギリスではポニーテールの愛称でデイビッド・ベッカムと並ぶ人気を誇った。長年の経験を活かした冷静さと安定感は衰える事なく、40才近い年齢まで強豪アーセナル、イングランド代表の守護神として君臨したベテランプレーヤー。
近年幾度かのミスを犯しチーム敗退の要因に挙げられるも年間と通じて見れば常に安定したプレーで勝利に貢献、ミスターセイフハンドと
異名をとった実力は世界でも有数であった。

リーズのユースチームで過ごし81/82シーズンにトップ昇格を果たすがデビューをする事なく翌年に当時ディビジョン4にあったピーターボロへ活躍を場を求める。ここで守護神として活躍した後バーミンガムを経てクィーンズ・パーク・レンジャーズへ加入、ここでその才能を大きく開花させ1988年11月16日サウジアラビア戦では代表デビューも果たしている。
1990年より強豪アーセナルへ正GKとして迎えられるとすぐにリーグ優勝に貢献、その後も常に安定した力を発揮し通算3度のリーグ優勝、3度の FA カップ優勝、93/94シーズンには欧州カップ・ウィナーズ・カップ制覇も果たしている。
02/03シーズン終了後、契約切れからベンゲル監督よりGKコーチとして就くよう慰留されていたが、現役続行を決意し出場機会のあるマンチェスター・シティへ移籍、しかし2004年年明け後ポーツマスとの試合で肩を故障した事をきっかけに現役引退を決意した。

1996年欧州選手権では最優秀ゴールキーパーに選出されるプレーを見せて母国のベスト4進出に貢献、1998年、2002年と2大会連続でイングランドの守護神として全試合に出場を果たした。
しかし2002年ワールド杯での準々決勝ブラジル戦での痛恨のミスからロナウジーニョに決勝弾を決められチームは敗退、各メディアが揃って非難を浴びせた。ただ1度や2度のミスであっても許されないポジションにありそれを擁護するつもりもないが、今まで見せた数々のスーパーセーブもまたシーマンならではであったのを忘れてはならない・・。
代表通算75試合。

シーマンがいるから攻撃に専念できる。そう思ったプレイヤーは数多くいるはずだ。それほどの存在感と安定感を兼ね備え最後の砦として君臨し続けた。偉大なるGKの記憶は今だ母国の誇りとして多くのファンの胸に焼き付いている。
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://ykrr12.blog49.fc2.com/tb.php/99-66ef0c1e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。